たゆたふままに

「すべての見えない光」     アンソニー・ドーア   藤井光/訳

a0021110_13480193.jpg

昨年読んで心に残った本をこの夏、再読。記しておこうと思う。文章が繊細で詩的、魅力的である。再読は再訪となり、新しい気づきと疑問をもたらしてくれるんだなーとつくづく思う。以前読んだときは、登場人物のひとりであるフレデリックという少年が強烈に印象に残った。大英自然史博物館展を見に行った後ということもあり、オーデュポンの鳥類図鑑が頭の中でクローズアップされたからかもしれない。フレデリックは鳥好きでアメリカのまさにオーデュポンと思しき鳥類図鑑を持っているのだ。フレデリックは人としてどう生きるのかをしっかり持っている少年なのだけれど、時代がそれを許さず、ゆえに残酷なのだが。

物語は空からビラが落ちてくるシーンからはじまる。ビラは市民に避難を促す内容だった。そして爆撃。第二次世界大戦のフランス、サン・マロへの空襲だ。逃げ惑う盲目の少女、マリー=ロールは16歳。彼女は6歳の時に失明し、国立自然史博物館の錠前主任を父に持つ。父親とパリに住んでいたが、ナチスの侵攻で大叔父の住むサン・マロへと移住したのだが父も大叔父もいなくなってしまった。また、サンマロで空襲を受けているドイツ軍の中に、ヴェルナー・ペニヒという少年がいた。彼はドイツの炭鉱製錬地帯であるツォルフェアアインで生まれ、孤児院で育った17歳。秀でた能力によりレジスタンスを見つけつぶす役割を担っていた。

物語は、いくつもの時代とシーンを行ったり来たりしながら、マリーロールの生い立ちや周りの人々との出会い、ヴェルナーが目にしたものや感じたこと等々が語られていく。そして最初のシーンに戻り瓦礫のなか二人は出会う。ほんの数時間なのだろうか、いくつかの言葉が交わされる。記憶や物語の力、人の声や音楽の力、純血主義の思想、欲望や暴力等々入り混じっているのだが、読後は美しいものを手にしたようなここちとなった。






[PR]
by yuhu811 | 2018-08-13 14:55 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード