たゆたふままに

曼珠沙華

a0021110_15325238.jpg
九月二十日、暗い庭に紅い灯がともりました。お彼岸を知らせる曼珠沙華です。あまり好かれているとはいえない花ですが、くるくるとした花から伸びる蘂が美しいです。美しい美しい。。。なぜ美しい。。。?と考えていくと、それは立居振舞ということに思い当たります。植物に立居振舞は無縁かもしれませんが、彼らも生き物、刻々と姿を変えていきます。彼らにとっては関心がない事かもしれませんが、人にとってはやはり気になる事でしょう?

このヒガンバナですが11本の芽が伸びてそれぞれに花がつきました。同じように植えてあるのに早咲きと遅咲きがあるのです。今は遅咲きの花が色褪せて、その上に茂るニシキギの葉に紅色が移っていきました。

まずはすっくと立つヒガンバナを見習って深まる秋を愉しみましょう。。。背筋を伸ばさなければー。

HOME「庭からの便り」から2006.10.2.の便りを、2011.3.31.に転記
[PR]
by yuhu811 | 2006-10-02 15:31 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード