たゆたふままに

銚子口獅子舞(2018.1.21.)

昨年に続き、一人立ち三匹獅子舞の探訪記録です。今年も、獅子舞探訪は春日部市の銚子口獅子舞からはじまるのでした。ところが新年早々初獅子舞というのに出遅れてしまい、到着すると「打つ揃えの儀」が終わったところでした。今年はしっかりご飯を食べて落ち着いて出かけようと思っていたのですが、落ち着きすぎるとよろしくないようです。昨年最後に出かけた赤沼三百年祭に銚子口の獅子舞も出演し、復活舞の予告をしていたので楽しみにしていました。わくわくの1月21日、風のない真っ青な空が広がる日でした。

今回復活させた舞について副太夫(たぶん漢字にするとこうかな)の方からお話があったので、簡単に記しておきます。>銚子口の獅子舞は今年で321年目をむかえます。道中ならしのあと出端に入り、女獅子・中獅子・太夫獅子と舞います。そのあと本来は幣掛りを舞うのですが、今回は70年振りに宇津女の舞を披露します。これは花を使った舞で、太夫がとった花を女獅子と中獅子に見せると、中獅子はその花に惑わされ座り込んでしまいます。それを太夫と女獅子が連れ戻すという物語になっています。これは3年位前に図書館で文献を見つけたことが始まりで、そこには銚子口獅子舞は十五演目あると書かれていました。今回11演目として復活させることが出来ました。宇津女の舞のあと、太夫が幣を持ち四方を浄めたのち、福銭をまくので拾ってください。角に文字があるのが太夫、女獅子には勾玉がついています。

「打つ揃えの儀」が終わったところ。
a0021110_15133946.jpg

「宮参りの儀」天狗を先頭に、箱獅子・小獅子・箱獅子・中獅子・箱獅子・太夫・箱獅子・太鼓・笛と続き神社のまわりをぐるりと回る。鳥居をくぐり境内に入り拝殿を左手よりまわり舞庭へ。天狗は右手に剣、左手に玉串と巻物を持つ。
a0021110_15135178.jpg
「天狗の舞」箱獅子を四方に配し、天狗が舞う。
a0021110_15135824.jpg



More
[PR]
# by yuhu811 | 2018-02-09 17:49 | Comments(0)

スーパームーンの、ブルームーンの、ブラッドムーン

1月31日のことでした。。。。天気予報は下り坂、夕刻から広がる薄い雲のベールに、今日はお月見無理だろなと思って夜、コタツでぬくぬくテレビを見ていると・・・大きく映し出されたのは赤い月!どこかと思えば都内とな!では都内の隣のここはどうなの?と窓を開けて見上げれば、おぉー雲が流れて顔を出しているではないですか!で、ささっと三脚取り出して、ささっと撮った。梅と絡めてみましたが、庭の白梅は固い蕾の出来始め。梅と言われれば梅かもね、というカンジ。。。。

a0021110_13000042.jpg

そーだ、このレンズはズームだったと思いだし、も少し大きく撮っておこうと、雪を踏みしめ、鉢を蹴散らし、一応記念撮影。スーパームーンのブルームーンの月食は、何年か前の月食よりも明るくて鮮やかだ。大気によって色が変わるというからこの日は空気が澄んでいた?天気は下り坂というのに不思議だけれど、そーかもしかして、スーパームーンだったから?!

a0021110_13000810.jpg

さて、蹴散らかした鉢には何が植えてあったのかというとスミレです。庭に増えたものを鉢植えにして玄関前に置こうと作ったものでした。22日に降った雪が残っていて、雪の下にあるものは、さっぱり見えず、蹴散らかしてしまいました。ごめんなさい。今年は寒いです。梅もスミレもまだまだ花は咲きません。バッサリ切ったツバキが五本、こちらも、もちろん花をつけません。ツバキさんにもごめんなさい。ごめんなさいの庭なのです。

2018.1.31.庭にて、


[PR]
# by yuhu811 | 2018-02-06 13:36 | Comments(2)

初詣は西新井大師へ

初詣はなんと1月30日!ゆっくりが加速する日々だ。バックには古いおふだとうつれんず。境内にはカンザクラが咲いていた。やっぱり春は来た!と一安心。安心したので、もう少し冬を味わおう。。。。

a0021110_12390529.jpg

カンザクラ、写るんですふうに撮れました。

2018.1.30.都内にて、西新井大師境内


[PR]
# by yuhu811 | 2018-02-06 12:44 | Comments(0)