たゆたふままに

タグ:MZD12-40/2.8 ( 76 ) タグの人気記事

「未闘病記」     笙野頼子

a0021110_16243845.jpg

笙野頼子さんといえば、猫たちのために千葉に引っ越した作家さん、ということだけしか知らなかった。本を読んだのは初めてで、一番の感想は、独特だ、文体が、語り口が・・・。-膠原病、混合性結合組織病の笙野頼子-と診断されるまでの長期にわたる具合の悪さや、投薬で、初めて普通の体の状態を知ったことと、それに関わるもろもろのことが綴られている。この病は原因不明の難病であり症状が一人一人違うため、先のことは分からないし誤解も受けやすいという。ならばこう考えよう、その日楽しいことは未来永劫絶対に破れないのだから、それは金剛石のような財産になる、と。そして、その財産を大切にしようとは書いていないけれど、たぶんそういうことだ。明日は分からない。元気いっぱいの人にも誰にも分からない。だから・・・なのである。

よく分からなかった膠原病という病についても少し理解が深まった。




画像は2015.1.6.埼玉県さいたま市にて、
[PR]
by yuhu811 | 2015-02-06 10:34 | Comments(0)

熱狂なきファシズム-日本の無関心を観察する-   想田和弘

a0021110_15573011.jpg

観察映画作家である想田和弘氏が、1999年から2014年にかけて、様々な場面で綴ったものを収めたもの。日本国憲法や政治のこと、観察というドキュメンタリー映画のこと、芸術とはなんだろう、ということが語られている。

想田氏の観察映画は見たことがないのだけれど、観察映画というものは、たぶん見たことがある。観察映画には、きちんとしたあらすじがあるわけではなくて、なにかしらの答えが示されるものでもない。ナレーションもドラマチックなシーンもなくて、初めて見たときはあれれ?えぇー・・・・と・・・・という感じ。慣れないと、なんだかなー・・・だけれど、観客も観察に参加するという映画なのである。で、このタイトルはといえば、著者が観察を続ける中で感じているこのところの日本についてであろう。特に日本国憲法の改憲についての危機が伝わってくる。恥ずかしいことだけれど、日本国憲法をきちんと読んだことはなく、それを作った詳しい経緯も知らないのだけれど、ここにその手がかりが書かれていた。大きな戦争が終わり多くの人が死に、そして心から平和を願った時、「民主的な憲法を書こう」と理想に燃えた人たちいて、その人たちが作ったものなのだいう。その中には、戦前日本で過ごしたことがある、ベアテ・シロタ・ゴードンさんというユダヤ人の女性もいて、本の中で紹介されているいくつかの条文を読めば、これは"押しつけ"などではなく日本人への贈り物だった?男尊女卑からの解放でもあった?と考えている。ベアテ・シロタ・ゴードンさんの"1945年のクリスマス"も読んでみよう。




画像は、2015.1.6.埼玉県さいたま市にて、
[PR]
by yuhu811 | 2015-02-05 15:57 | Comments(0)

浅草

上野から浅草辺りを歩く。ここは木内昇さんの本「笑い三年、泣き三月」の舞台となったところかなーなんて物語思い出しながら・・・。東上野・松が谷・西浅草の裏道を抜けて国際通りを渡ると浅草六区、とたんに賑やかだ。大道芸人冷やかしたり甘いもの頬張ったりしながら浅草寺・待乳山聖天に詣でた。一月十日、今年初の久々に歩いたー!という街歩き。
a0021110_1324524.jpg
a0021110_1332196.jpg
a0021110_133394.jpg





2015.1.10.東京都台東区にて
[PR]
by yuhu811 | 2015-01-20 16:09 | Comments(0)

平日戻る

a0021110_17321790.jpg

松の内が明けたからか、平日が戻ったという感じ。今年はどんなことあるかしら・・・何の目標も立てぬまま、はじまりはじまり~♪




画像は、2015.1.2.東京都千代田区
[PR]
by yuhu811 | 2015-01-08 11:42 | Comments(0)

乙未(きのとひつじ)歳

a0021110_1051560.jpg

十干十二支(じっかんじゅうにし)は六十年に一度巡ってくる。今年は乙未歳で、私にとっては還暦だ。赤いちゃんちゃんこなんて似合わないと思っているけれど、化粧を落とし(って化粧はあんまりしていないけど)カラーリングをやめて、背中を丸めて老眼かける、そしてにこにこお座布に座れば・・・、うん、似合うわ!

ところで、なんで赤いちゃんちゃんこなのだ?とウィキでググってみると、魔除けとある。マニュキアの赤い色も、もともとは魔除けと聞いたことがあるけれど、「赤」は万国共通のパワー色なのだな。で、魔除けをする理由といえば生まれたときに帰るから・・・らしい・・・、生まれてたては弱い存在なので魔除けが必要ということか。

ということは、私は弱い存在、「魔」に襲われる危険があるとに違いない。そういえば、年末はテレビ魔に襲われた。「ロードオブザリング」3部作をずーと見続けて、ふらふらになり目が痛くなった~。年始は眠り魔のさぼり魔に身を委ねている。んーこのままではいかん!巣鴨に行って、赤いちゃんちゃんこを買ってこなければー。




画像は、2015.1.2.東京都千代田区にて、
[PR]
by yuhu811 | 2015-01-06 10:54 | Comments(4)

2015 謹賀新年

a0021110_17285237.jpg

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。




画像は、2015.1.2.東京都千代田区にて
[PR]
by yuhu811 | 2015-01-05 17:30 | Comments(0)

寒いね

a0021110_16404782.jpg

湯たんぽを出した。漢字では湯湯婆と書くけれど、まさしくそんな雰囲気だ。昨晩の前の晩は布団をかぶって寝ていてもひんやり冷気が下りてきて、寒くて寒くて目が覚めた。けれど昨晩は湯湯婆さん大活躍。これからお世話になりますね。




画像は眠り姫のような薔薇の花、2014.11.7.神奈川県にて、
[PR]
by yuhu811 | 2014-12-08 17:00 | Comments(2)

「梢にまだ陽のあるうちに」     坂口康

a0021110_16585951.jpg

帯に長編フィクションと書いてはあるのだが、自伝というかノンフィクションのようなお話。むかーし母がテレビの時代劇に映った隅田川を見て、「隅田川もずいぶんきれいになったわね~」なんて言って大笑いしたことがあったのだが、この本を読んでいると、「母に伝え聞いたことのある疎開とは、ずいぶん違うソカイもあったのねー」なんて感想を持ちながら、読後、「あれ、フィクションだった」と・・・・。しばし脳が混乱し、創作の隅田川映像を見ていた笑った母を思い出し、疎開を生きた人々とその時代を想像した。

主人公はヤスオ。ある日、ニューヨークのギャラリーで偶然目にした一枚の絵から、記憶がゆすぶられ遠い過去が呼び起されていく。疎開先での風景から始まる少年時代、大きな大きな木の記憶。そこに集う人々、出来事が描かれていく。そして徐々に心がゆすぶられた理由が分かってくる。創作とは思えない納得感、というか現実感あるものとして体に沁みこんできて、あぁ、長く生きていれば、こんなこともあるのかもしれない、あるんだなと思えてくる。ドラマチックなのに大げさでなく、味わい深く心に残る一冊。




画像は2014.10.30.東京都にて、
[PR]
by yuhu811 | 2014-11-11 18:14 | Comments(0)

「眠りの庭」     千草茜

a0021110_16415042.jpg

アカイツタ、イヌガン、の二話からなる物語。始まりは学園アニメ風なのだが、読み進んでいくうちにどろりとした色と匂いが満ちてきて、ゾクッとする。最後はやや不完全燃焼な気もするが、これが作者の狙いなのかもしれない。ホラーというのかミステリーというのか分からないけど面白い。




画像は2014.11.7.神奈川県にて、
[PR]
by yuhu811 | 2014-11-11 16:56 | Comments(0)

「暴露 スノーデンが私に託したファイル」   グレン・グリーンウォルト

田口俊樹・浜野大道・武藤陽性/訳
a0021110_1542880.jpg

国家安全保障局(NSA)と中央情報局(CIA)に籍を置いていたエドワード・スノーデンが持ち出した、アメリカの機密文書の内容と、スノーデンがなぜそのような行動に至ったか、について詳らかに書かれている。インターネット世代はもちろんのこと、ジャーナリストや個人情報を守らねばならない仕事についている人の必読書。
現在、ドイツとブラジルが主導する、トラフィックが合衆国を通過しない新たなインターネットのインフラを構築するという動きがある。また、多くのヨーロッパの企業が、情報をNSAに渡さないとしてメールやチャットのサービスを提供しているので、善い方向への変化を期待したい。




画像は、2014.10.7.埼玉県内にて、
[PR]
by yuhu811 | 2014-11-06 15:27 | Comments(2)