たゆたふままに

タグ:MZD12-40/2.8 ( 76 ) タグの人気記事

「巨岩と花びら」  舟越保武画文集     舟越保武

a0021110_14261718.jpg

大先輩のFさんと、またもや珍問答してしまったと気がついたのはこの本を手にした時だった。・・・・F氏:彫刻家の舟越保武さんはご存知ですか?ワタシ:はい、知ってます。F氏:その方が書いたエッセーがあるんですよ、知ってる?ワタシ:そうなんですか!あの天童荒太さんの本の装丁に使われたりして・・・独特の雰囲気を持った彫刻で・・・作品を観に行ったことありますけど本は知りませんでした。F氏:えぇと長崎の殉教者記念像とかの・・・ワタシ:はい、舟越さん。F氏:ご存じなんですね。その方の本を今読んでいるんですが、これはあなたにピッタリ!きっとあなたの役に立ちますからぜひ読んで・・・・・と薦めていただいた一冊。

Fさんここで白状します。その本を手にしてみるとなんか違う、私の想像していた舟越さんと違うよなーと。ぱらぱらめくると、”聖クララ”に”病醜のダミアン神父”、”たつ子像”って有名だけど舟越さんだったのね、でも・・・ワタシの話した作品と違うし、としばらく考えた。えぇと、フルネーム?はてーなんといったかな?と調べると桂さん、あーそうだった・・・やっぱり違う舟越さんだった。けれどなんか共通するものを感じるのは同じ彫刻家だからなのかな?そこで経歴やら出身地を読んでいるうちに、舟越保武さんは舟越桂さんの父親なのだと知った次第。おぉー大発見!保武さんはよく存じ上げませんで、頓珍漢なお話しました。

さてこの本、みかけはこじんまりとして手になじむ。中身はずっしりと重たい本だった。永遠と一瞬の出合った瞬間を捉えたときの驚きや作品への思い、信仰や親への反発、生きるために労した日々のこと等々が記されている。中でも親への反発からとってしまった自分の言動を回顧する場面は、痛む心がひしひしと伝わってきて涙があふれた。いとつひとつの作品に込める思いというものは、ずっしりと重たい。




画像は、2015.1.2.東京都千代田区にて、
[PR]
by yuhu811 | 2015-05-14 14:01 | Comments(0)

宴のあと

a0021110_13164424.jpg
a0021110_13165936.jpg
a0021110_13171676.jpg
a0021110_13172930.jpg

宴のあとは、まかせなさい、と土鳩さん。ここは故郷お花見は、飲んで歌って大騒ぎ、人熱れとアルコールの匂いに包まれて、泥酔小父さんバタンと倒れる・・・・、そういうイメージ・・・、けど、不忍池のほとりは密やかだった。




画像は2015.4.4.東京都台東区
[PR]
by yuhu811 | 2015-04-19 13:14 | Comments(0)

谷中から上野の山へ

a0021110_17525683.jpg

谷中から上野のお山まで、のんびり歩いた4月4日。天王寺の枝垂れ桜は若葉が吹き出し、それもまたよし、と見る人みなが笑顔になる・・・・・、つい昨日のようだけど2週間も前のこと、緑の葉を伸ばし、ゆさゆさ枝垂れているかしら。




画像は、2015.4.4.東京都台東区
[PR]
by yuhu811 | 2015-04-18 17:32 | Comments(0)

東京の桜

a0021110_16222748.jpg
a0021110_16284688.jpg
a0021110_1629421.jpg
a0021110_16294546.jpg

ソメイヨシノが花開いたら、行って見ようと思っていたところ・・・・東京の、豊島区と北区と台東区、目黒区と板橋区と荒川区、それに目黒区に千代田区に中央区・・・3か所で、チリヌルを・・・




画像は、2015.3.30.~3.31.都内にて、
[PR]
by yuhu811 | 2015-04-16 16:12 | Comments(0)

草むしり始め

a0021110_1651791.jpg

雨が上がって草むしり、根絶やしにするのではなくむしるだけ、緑の匂いを楽しみながら、庭に残すは、チゴユリにホトケノザ、スミレにハナニラも、綿毛になる前のタンポポも、フキの葉っぱはフクタロウの日除けにね、まずは真夏まで・・・・つづくかどうか~???とてもあやしい・・・・。




画像は、2015.4.6.自宅にて、
[PR]
by yuhu811 | 2015-04-15 16:09 | Comments(0)

「ロスト・ケア」     葉真中 顕

a0021110_1637135.jpg

第16回日本ミステリー大賞新人賞に選ばれた本。ストーリーは連続殺人犯を裁く判決の場面から始まる。連続殺人というと、猟奇的なものを思い浮かべてしまいがちだが、これはちょっと違う。人としての尊厳とは?介護とは?経済活動とは?と様々な問題を投げかけている。




画像は、2015.2.10.埼玉県さいたま市にて、
[PR]
by yuhu811 | 2015-03-19 16:45 | Comments(0)

「半島へ」     稲葉真弓

a0021110_1612397.jpg

あるとき目にした半島の崖に魅せられて、そこに住むようになるまでの女性のはなし。鳥羽の海を入り口に持つというその半島での光や風や音や匂い、森や海からの贈り物に感謝しながら暮らす人々を、心地よく丁寧に描写していく。けして都会の暮らしを否定するわけではないのに、そこでの生活に惹かれていくさまが、いいなぁ。これは本当にあったこと?と思ったが、七割方創作だそうだ。稲葉さんの選んだ土地を、一緒に歩かせていただいた。そんな感想を持った。




画像は、2015.2.10.埼玉県さいたま市にて、
[PR]
by yuhu811 | 2015-03-19 16:34 | Comments(0)

平林寺

a0021110_16492746.jpg

しばらくネットをさぼっているうちに、はや3月!ですが焦らずゆるゆると久々アップ。。。。ひと月ほど前の新座市平林寺境内の白梅、花はちょうど好みの咲き具合ではあるのだが、今、平林寺は再生へ向けて大改造中だ。仏殿、そして境内林をあるべき姿に戻す取り組みで、とくに雑木林は15年をかけてかつての姿を再生するという。

a0021110_171292.jpg

ササなどの下草を刈り成長しすぎた一部の樹木を伐採、コナラやクヌギの苗木を植える。本来の姿を知らぬので、もったいないような気もするがヒトの手が入ってこそのものらしい。

a0021110_1764034.jpg
a0021110_1765993.jpg
a0021110_1771992.jpg

全体を三区画に分けて5年ずつで15年、楽しみではあるけれど、目に出来ないかもと思うと寂しくもある。




画像は、2015.2.4.埼玉県新座市、
[PR]
by yuhu811 | 2015-03-09 17:13 | Comments(0)

「独居老人スタイル」     都築響一

a0021110_15445512.jpg

んーこれなになに~?・・・と、本を開いて驚いた。まずはプッチャリンさんが登場していたからだ。といっても、プッチャリンさんというお名前は、この本を読んで知ったのだけれど・・・・、この人あの人だーって・・・浅草では有名人だったのだーって。
プッチャリンさんには、少し前に合羽橋をぷらぷら歩いていたときにばったりと出会った。素敵な笑顔を撮らせていただいて、それから手に手を取り合って路上でダンスして、すごーく楽しくて、久々に最高に笑った日、のあの方ではないですか~。あはは、あのひと時をありがとうございましたー♪と読んだのだけれど、この本はプッチャリンさんだけではなく、16人の自由で気ままな独居老人スタイルを取材したものだ。中でも”首くくり栲象(たくぞう)”さんと”ダダカン”さんは強烈だ。写真をじーーーーーーくり見て釘付け状態になった!どんな写真なのか気になるかたは、ぜひご覧ください。




画像は、2015.1.10.東京都台東区にて、
[PR]
by yuhu811 | 2015-02-17 16:17 | Comments(0)

「寡黙なる巨人」     多田富雄

a0021110_14595281.jpg

2001年に脳梗塞で倒れたときの生死の彷徨いで見たものやリハビリの苦しい日々を克明に綴ったもの。しゃべれない歩けないという苦悩の日々だが、あるとき自分の中に”寡黙なる巨人”を発見する。この思い通りにならない鈍重なる巨人とともに生きていこうと決心し、表現し社会に参加することの喜びが語られていく。リハビリは人間の尊厳の回復である。美を言葉に置き換えて解釈しようとするのは愚である。などなど印象に残った。

画像は2015.2.4.埼玉県新座市にて、平林寺の樹齢500年という高野槇(こうやまき)
[PR]
by yuhu811 | 2015-02-17 15:32 | Comments(0)