たゆたふままに

タグ:MZD12-40/2.8 ( 76 ) タグの人気記事

小川町七夕まつり

季節はすっかり冬だけれど、画像は7月23日24日に開催された、和紙のふるさと小川町の七夕まつりだ。今年は第68回の開催になるのだそうだけれど、ここの七夕まつりを知ったのは昨年のことだ。写真家の齊藤亮一さんの「ふるさとはれの日」という写真集を見ていて、いいなーと・・・。その中でもここ小川町は近いではないですか!と出かけたのだ。そしてやっぱりいいなーだった。
下調べをほとんどせずに出かけたので、まだまだこれから・・・という風だったのだけれど、準備する町の方々や小さな子供たちと出会えて楽しかった。考えれば七夕さまだもの、夜が本番なのだった。夜には灯がともり飾りが夕闇に浮かびあがり花火も揚がるそうだ。来年はそれが見られますように・・・と七夕さまに願いを込めて・・・。
a0021110_16333688.jpg
a0021110_16334827.jpg
a0021110_16335686.jpg
a0021110_16340585.jpg
a0021110_16350404.jpg
七夕飾りはすべて手作りで、紙で出来ている。ひとつひとつを切ったり貼ったり折ったり丸めたり!人の手で作るからなのか、華やかさの中にとてもやんわりとしたものがあった。毎年五月ころから構想を練るそうですよ!すごいなー。上から二枚目は保育園のこどもたちの竜宮城の作品なのだけれど、小さなあんよがかわいくて、あんよのクローズアップになってしまいました。




画像は、2016.7.23.埼玉県比企郡小川町にて、


[PR]
by yuhu811 | 2016-12-19 17:01 | Comments(0)

南部領辻の獅子舞(2016・5・15・村まわり)

午後は村まわりである。鷲神社を出発した一行は村の家々を回りお祓いをする。獅子舞は昭和44年5月の舞を最後に自然消滅してしまっていたが、平成11年に「辻の獅子舞保存会」が組織され平成12年10月15日に30年振りの神社奉納となった。むかし、村まわりは村の中の全ての家をまわったので夜明けまで続くこともあったそうだ。現在は年番の家をまわる。お祓いの舞の後、天狗が剣、弓持ちが弓、御幣持ちが白幣でお祓いをする。
a0021110_17264828.jpg
a0021110_17270313.jpg

a0021110_17271325.jpg
a0021110_17272295.jpg
a0021110_17273014.jpg
a0021110_17273957.jpg
a0021110_17282340.jpg
a0021110_17283337.jpg
a0021110_17284345.jpg
a0021110_17290830.jpg
村まわりは途中、公会堂での休憩をはさみながら夕方まで続いた。年番の家のほかに庚申塔の前でもお祓いし、最後は村境の道路を通行止めにして辻の追い出しをする。悪疫を隣村に追いはらいおしまいとなる。同じさいたま市民緑区民ではあるのだけれど、おしまいのこの場所は何処なのか、さっぱり分からず一行の後を追ったが鷲神社には戻らずますますどこなのか、迷子になりそうだったけれど無事バス停を見つけ帰宅した。途中私も、お祓いをしていただいた。災厄退散悪疫退散に違いない、感激です!
(記事は、さいたま市のホームページ、保存会の方や地元の方のお話、パンフレットなど参照にさせていただきました。)




2016.5.15.さいたま市にて、





[PR]
by yuhu811 | 2016-12-18 18:52 | Comments(0)

南部領辻の獅子舞(2016・5・15・神社奉納)

十年ぶりくらいだろうか、見沼の散歩道にある鷲神社の獅子舞「南部領辻の獅子舞」に行ってきた。春には村まわりというのがあり一緒に歩いてみたかった。そう思ってから何年も経ってしまい、ようやく・・・である。謂れなどとともに記録しておきたい。

江戸期、日光御成街道が通るこの地区は辻村といい大門宿の定助郷をつとめた。現在は南部領辻というが南部領というその由来については諸説ある。鎮守は鷲大明神、後に字西原の雷電社・字原山の稲荷社・字辻の稲荷社が合祀された。獅子舞は平安時代、武将で笛の名手でもあった新羅三郎義光(源義光)が、兄の八幡太郎義家(源義家)を助けるため奥州に下向した。その際、軍兵の士気を鼓舞するために行われ、これを鷲神社に奉納した。それを土地の者が習い覚えて今日に伝えたとされている。舞は「竜頭の舞」ともいわれ龍が天を舞うように地を這うように、華麗で勇壮な舞である。(南部領辻の獅子舞保存会パンフレットより)
a0021110_12314917.jpg
一行は天狗を先導に弓持ち、御幣(お守り)を持つ世話人、花笠を付けた笛方の二人と簓を受け持つ二人、大夫獅子、女獅子、中獅子の十人で成り立っている。獅子舞の演目は、1上げ、2街道下り、3おかざき、4かんだし、5中獅子の出端、6左右の舞、7小舞、8入れ違い舞、9大夫の出端、10角こき、11獅子の唄、12掛かり、13お神楽、14かくれんぼ、15けんれろ、16礼、17さらば、と続く。全体で1時間15分。
a0021110_12315907.jpg
獅子唄は古くは十二種類ほどあり、その場の状況に合わせて歌ったとされるが、現在は「千早振る神の生垣に松植えて松もろともに氏子繁昌」が歌われている。
a0021110_12323227.jpg

a0021110_12324267.jpg
a0021110_12370834.jpg
奉納は5月15日に近い日曜日(道響祭)、10月15日に近い日曜日(例祭)に行われている。以前は12月の酉の日(酉の市)にもあった。(埼玉の獅子舞より)

ここで一行は獅子宿に戻り、午後からの村まわりに備える。




2016.5.15.埼玉県さいたま市にて、






[PR]
by yuhu811 | 2016-12-17 15:08 | Comments(2)

バッタリ、シラン

a0021110_17435110.jpg

庭の西側のすみっこに、シランが数株植えてある。知らんではなくて紫蘭だが、花を終えた後、葉っぱと背丈がぐんぐんぐんぐん大きくなった。へぇ~、ちょっと大きくなりすぎじゃない?と声をかけたわけではないけれど、急に冷え込んだある日のこと、葉っぱが秋色に色づいた。それからあっという間に茶色になって、しばらくその渋い姿を誇っていた。そしてこの日、突然バッタリ!それも示し合わせたように葉っぱだけ、みんな一緒にバッタリだ。さぁ、行くよ、うん行こうー、せーの、バッタリ。。。。こんな具合かな。。。それがなんだか面白くって、撮ったのが、この一枚。。。。





2016.11.29.自宅にて、



4/27追記:バッタリさんのその後はこんなふう!はぜて入るのですが中身無???はて~覗くのが遅かったか!撮影したのは4月のはじめだものね~、そりゃ~中身はないわいな。。。。
a0021110_16443913.jpg

[PR]
by yuhu811 | 2016-12-05 17:41 | Comments(2)

ひさびさ登場、ふくたろくん

a0021110_1734815.jpg

ボクは元気でやっています。今年でいくつになったかって?はて~~~、たぶん八つかな。。。ヒトに換算すると48歳くらいだって!まだまだ若くて元気です。でもー最近、庭にはあまりでないんだ。自転車の急ブレーキ音やご近所の工事の音が苦手です。そしてね、このごろ右手を使うことを覚えたよ!ねぇねぇってカンジで家のヒトをとんとんすると、みんなボクの思い通りに動くのさ~♪
それでもボクを無視したら、障子に飛びついたり階段を斜めに飛び降りたりして家中を走り回っちゃうよー!!!




2016.11.29.自宅にて、
[PR]
by yuhu811 | 2016-12-04 17:32 | Comments(2)

神宮外苑で銀杏さん

銀杏が色づいてますよ~、と神宮前にお住いのKさんからお電話をいただいたのが11月の中旬だったでしょうか。。。今年は木々の葉の色づきが早いと思ってはいたのだけれど、早い!もうですか!という感想だった。それからようやく出かけたのは先週のこと、晴天に恵まれて大賑わいだった。桜の季節もそうだけれど、大混雑でも笑顔がたくさん!一面の落ち葉は、その笑顔のみなみなさまに踏みしだかれて、粉々になっていたのが印象的だったなー。アートフィルターのジオラマで。。。。
a0021110_159417.jpg
a0021110_15101288.jpg
a0021110_15103957.jpg
a0021110_1511182.jpg





2016.11.26.東京都明治神宮外苑にて、
[PR]
by yuhu811 | 2016-12-04 15:29 | Comments(2)

こんにちは秋!

a0021110_1433372.jpg

今年は、秋到来が早いと感じていたが、寒さも早い?といってもところどころで夏日になったりもしているので、扇風機にストーブにエアコンも活躍する秋である。雨も多かったけど、さすがに暑さはぶり返さないかな。ぜひそうあってほしい。

そんな中、涼しい日を見つけて庭に出た。雑草も、もう伸びないだろうと思い繁茂した草草を刈りとることにした・・・さっさかぷちぷち進むうちに、草むらに、えっ?水仙!。。。あれ~秋に芽が出るものだったっけ?さらに草をかき分けると、遅咲きの彼岸花も咲いている・・・・。あれあれ~今何月だけ?私の記憶は大丈夫か?10月初旬にへんな庭景色に出くわした。。。。

夫に「庭にもう水仙の芽が出ているよ~へんだよねー?」というと、「スイセンが早いかどうかは知らないけれど、秋といえばダリアとコスモスだなという。」「へぇ~、ダリアは忘れ去られていたんだけど、最近は注目されてるよ。なんか思い出あるの?」と訊くと、生まれ育った北国の風景を語ってくれた。コスモスが揺れる上には真っ青な空があって、そこに真赤な赤とんぼがいっぱい飛んでいたんだよって・・・・そこにダリアも咲いていたんだろうねー。。。。。で,ワタシ「そうなんだー、そういうの自分の故郷にはないなー。なんてったって、♪・・・うーさぎ、おーいし・・・♪の追いし、を、ずーっと負う、なんで背負うんだ?って思ってたもん!」と笑うと、夫は「我がふるさとじゃ~、♪・・・うーさぎ、おーいし・・・♪は、うーさぎ、美味しい、だったよ、罠かけて食ったなー!」と大笑い。秋は兎も肥えていそうだし、実りの秋だから食欲の秋だと、秋といえども花より団子の話になったのだった。

画像は9月中旬の上野公園にて。公園内のこども遊園地がなくなるというので記念撮影に行ってきた。70年営業してきた園内の遊具はまだピカピカだったけれど、これもオリンピックのための整備の一環なのだとか。ここに思い出のある人にとっては寂しいけれど、新しい場所が未来の人の思い出になるのでしょう。




2016.9.17.東京都台東区にて、
[PR]
by yuhu811 | 2016-10-14 15:33 | Comments(0)

かたまる脳

久しぶりにブログを開いたら、新管理画面のインフォメーション。さっそく使うが二度ほど失敗し嫌気がさした。そういえば・・・・むかーし祖母が、住まいのリフォームでお風呂を新しくしたとたんにお風呂嫌いになったのを思い出した。ある人にとっては快適であっても、ある人には馴染めない・・生き物だからね、そうね、歳を重ねるということは、だんだんと馴染めないことが増えてくるってことに違いない。あぁー脳みそは固くなるなり、否、硬くなるかな?それとも堅くなる?はて、なんだろな・・・だからひらかな。。。。

a0021110_17144633.jpg

ってことで、アップしようと思っていた記事はもうやめたー!古い管理画面からまったく違う画像を一枚ペタリんこ!今年は花火見に行ったんだー、その時の一枚。なんだか、泣けたな。。。。




画像は2016.8.13.埼玉県にて、
[PR]
by yuhu811 | 2016-08-22 17:27 | Comments(2)

勉強中

a0021110_17333026.jpg

近くの中学校でパソコン教室が開かれた。エクセルの初めの一歩。いまさらエクセル?なのだけど使えないのだ・・・・。出来れば便利、使えたらなーと思っていたところ、グッドタイミングなお知らせが来た。教えてくれるのは中学校の先生と生徒たち。新鮮な気持ちで本日サクサクとお勉強。で、レッスン1は無事終了~。明日はレッスン2で、サクサク行けるかな?
明日に備えてまずは本日の復習しなければ、と中学生に戻った気分で復習したいところだが、全く戻れない。けど勉強中~( ..)φ




画像は2016.6.25.東京都内にて、
[PR]
by yuhu811 | 2016-08-01 17:49 | Comments(0)

不穏なそら

a0021110_16523181.jpg

叔母とふたりで出かけたことがあった。病人の術後のお見舞いだった。病状はヤマを一つ越えて一安心というところではあったのだけれど、失ったものを思うと身を切られる思いだった。なのに叔母はずーっとずっと楽しそうに喋りっぱなしだった。ふたりで遠出するのは初めてだし、久しぶりの新幹線に気持ちが高ぶっていたのかもしれない。
新幹線を降りモノレールに乗り換えると今度は最前列に座った。そして「こんな空を見るのは初めてだ―」と言った。大きな窓の向こうには真っ青な空が広がっていた。車内はがらがらに空いていたので前にも後ろにも空は広がっていて、空の中を行くようだったから・・・・。
私はいつだって一日に何度も空を見上げているけれど、叔母は空なんて見ていないのだそうだ。いつも時間に追われてきたからね。友人に会うときだって買い物をするときだって追われてきたという。それから空を見上げると、そのときの叔母の言葉を思い出すようになった。・・・・ねぇねぇ、なんだか、不穏な空が広がり始めたけど・・・・?叔母は空を見ているかしら。。。。




画像は、2016.6.25.都内にて、
[PR]
by yuhu811 | 2016-07-12 18:09 | Comments(0)