たゆたふままに

タグ:旅のきろく ( 49 ) タグの人気記事

温泉に入る猿

地獄谷の野猿公苑では温泉に入っている猿が有名だ。地獄谷だけではなく、温泉のある雪国で暮らす冬の猿ならどこでもそういうものなのだろうと思うけれど、世界的にみるととても珍しいことで、地球上で唯一の場所が、この地獄谷温泉なのだそうだ。
a0021110_15443057.jpg
a0021110_15171834.jpg

だから温泉につかっている野生の猿を見に世界中からやって来る。撮りに来る。こんな大きなレンズを抱えて・・・・!

a0021110_1521881.jpg
a0021110_15224760.jpg

潜水好きな子猿もいて、水中から頭を出すと河童みたいだ↓

a0021110_15291557.jpg

こちらは色っぽいお姉さん(たぶん。。。。。)↓

a0021110_15304177.jpg

若いお姉さんをどかして、私を撮ったほうがいいといわんばかりに目の前に入ってきたたぶんお姉さん?↓

a0021110_15322815.jpg

楽しいシーンを見せてくれるけど、厳しい自然のなか生き延びるのはどれほどか・・・。

a0021110_15343046.jpg




画像は2015.1.16~17.長野県にて、
[PR]
by yuhu811 | 2015-02-18 15:52

上林温泉から地獄谷へ

a0021110_16244847.jpg

夏になると毎年のように上林温泉に行ったのは、今から50年以上も前、まだ父が生きていたころだ。ちょうど”三丁目の夕日”のような時代だったけれど、土は小さな公園や街路樹の植わった四角い場所にしかなくて、コンクリに覆われていることは当たり前のことだった。だから?というわけなのかは知らないが、毎年夏になると海や山へ出かけた。そのひとつが上林温泉。子供だから温泉なんて記憶には残っていない。残っているのは、蜘蛛の産卵や蛇の動く音、トンボに蟻を食べさせたり、アリジゴクに蟻を落としたりしたこと、蜂の子の味や温泉の匂い、せせらぎの音、木漏れ日や葉のこすれ合う音、などなどだ。宿の前にはグラウンドがあって、その手前に4人乗りのブランコが置いてあった。それを思い切り漕いで風や浮遊を感じたりしたのも思い出深い。毎日は新鮮で、自由だったー。

上林温泉に行くと必ず出かけるのが野猿公苑だった。温泉の流れる小川沿いを、ササ舟を作っては流しながら歩いた。目的地に着くと、野猿は襲ってきそうで怖かった。実際弟は襲われたのでよけい恐ろしかったのだけれど、野猿公苑のお休みどころで食べる粽が甘じょっぱくて美味しくて・・・・・どきどきしながらも出かけたのだ。

あれから半世紀近くになって、あるとき、あの野猿公苑と、スノーモンキーで有名になった野猿公苑とが繋がった。ここってあそこ?みたいに・・・・。それから、また行ってみたいなーと思うようになり、忘れては思い出し、そしてまた忘れたりで数年経ち、ようやく行ってきたのが今年の1月のこと。

当時のお宿は建て替えられていたけれど、宿の前にあるグラウンドみたいのはたぶんそのままだ。野猿公苑への道は雪模様で様子はまったく違ったが、すれ違う人はほとんどが外国人で意外だった。公苑の野猿はすっかり落ち着いていた。観光客が多いので人にも慣れたのかもしれないが、ルールを守らないと襲われるので要注意だ。粽を食べたのは後楽館だろう。建物はそのままなのかな~、なんかすごーく懐かしい。うれしくて写真を撮ったが、帰宅してみたら露天風呂に人がいた!そういえば毛のない猿が走っていたような気が・・・・。画像はヒトの写ってないものを・・・・↓

a0021110_1750186.jpg

猿はすごかったー!こちらは、ルールを守らない人間に怒っている野猿さん↓

a0021110_17512789.jpg






画像は2015.1.16.長野県山ノ内町にて、大量の画像で、埋もれる日々なり・・・・・
[PR]
by yuhu811 | 2015-02-17 17:58

箱根の驚き

a0021110_15154538.jpg
箱根はエヴァンゲリオンの聖地らしい。知らなかったー、エヴァについてもほとんど知らないのだけれど、物語に出てくる第三新東京市というところが箱根なのだそうだ。その気配、どこかにあるのかと箱根湯本の街中を少し散策してみた。確かに、エヴァの絵がえがかれたクルマを一台見た。けれど、他に記念碑的なものは特になく、こんなものを発見!↓
a0021110_1517157.jpg
↑ゴミの集積所の真ん中に盆栽だろうか?!おぉ素晴らしい~!ほっとするなー、ゴミを出すときにも心に潤いを。。。。かな?遅いお昼は有名な湯葉丼屋さんに入った。湯葉丼はもちろん美味しかったのだけれど、ここでも驚きに出合う。
a0021110_15261497.jpg
それがこちら。。。。↓ゴジラ、この雄叫びが聴こえてきそうな躍動的なゴジラに見入っていると、これを描いた人物は小学二年生だと教えられた!えっ、なんとー!これで湯葉丼の味が吹き飛んだ。
a0021110_15274598.jpg
驚くことがたくさんあった箱根だったな~。




2014.4.3.神奈川県にて
[PR]
by yuhu811 | 2014-04-15 15:39

箱根、それから

a0021110_1410448.jpg

前日の夕方から降り出した雨は、止みそうな気配をみせながらも、だんだんと強くなっていった。この日は成川美術館へ行った。ここではちょうど平松礼二展開催中!これがこれが素晴らしかった。何度も何度も胸が熱くなった。
モネへのオマージュという企画展でモネの池を描いたものを中心に展示されていたのだが、平松礼二さんの傍らには、いつも若冲の雀がいるそうで、その雀をモネの池のあちらこちらに自由に飛翔させているところが驚きでもあった。本当に来てよかったな。二日間とも富士山は姿を見せなかったのだけれど、しっかりこの世界を観よ!と言っていたのだと確信。

堀文子さんの作品にも、もちろん会えたのだけれど、観たいと思っていた「トスカーナの花野」の展示はなく少し残念だった。年4回の展示替えをするそうだから、何度も訪問しないとなかなかその思いは叶わないのだろう。近いといえば近いのだけれど遠いと思えば遠い箱根、今回は贅沢な二日間だったなーと大満足。胸一杯で帰宅後は、かなりぼぉーっとしている。



画像は、2014.4.3.神奈川県成川美術館前庭にて
[PR]
by yuhu811 | 2014-04-15 15:06

箱根へ

a0021110_1774696.jpg

四月の初めに箱根へ行っていた。ポーラ美術館へ行ってみたかったのだ。4月6日まで「ルノワール礼讃」という企画展を観たいというのもあったのだけれど、どちらかというとポーラ美術館という場所に行ってみたかった。美術館は木立の中にそれほど目立つという訳でもなく建っていた。後で知ることになるのだけれど、ここはちょうどすり鉢状の土地になっていて、その形状を利用して作られた建物だそうだ。だから道路から見ると低層に見えるのだが、下に降りていく感じで3階建になってる。外光をふんだんに取り入れた建物の中央部分は、地下二階から一階までが吹き抜けになっていて、開放的で心地よい。

ルノワールにボナール、キスリングにローランサン、シャガールにドガ、マティス、モネ、レオナールフジタの作品にも会えた。ガレのアールヌーボーにも目を見張った。見応えがありすぎて半日ではキツかったけど、来てよかったー、こんな場所に展示されている作品たちは幸せだなー。夕暮れが気になり森の遊歩道まで行けなかったのが心残りだけれど、美術館の入り口に立つ小さな彫刻「雪の子Ⅰ」に、また来るね!と挨拶してバスに乗った。



画像は板東優「雪の子Ⅰ」、2014.4.2.神奈川県
[PR]
by yuhu811 | 2014-04-14 17:57

千畳敷へ

今日は晴れかも?翌日8日は、バスもロープウェイも動いた。。。よかったー・・・
a0021110_17213341.jpg
バスに揺られて30分、それからロープウェイで7分、こんな景色を眺めているうちに千畳敷に着いた。
a0021110_1759958.jpg
。。。。思いのほか残雪多く、装備不足で足元悪く、雪のない木道を少し歩くことにした。
a0021110_17273522.jpg
a0021110_1728786.jpg

剣ヶ池はこんな感じ・・・・本当はもっと大きいらしいが、雪に覆われているもよう。
a0021110_17315353.jpg
高山植物はまだまだこれからだが、この時期にしか見られないという、タカネザクラの花を初見。一番遅い時期にみられる桜花だそうで、木の高さは70㎝~90㎝くらいか・・・低木に淑やかな花をつけていた。
a0021110_1737277.jpg
他にも、イワツメクサ、イワベンケイ、アオノツガザクラ、キバナノコマノツメ、コイワカガミ、クロユリ、チングルマ、などが見られた。その中から。。。。
イワツメクサ。。。。
a0021110_17454422.jpg
コイワカガミ。。。。
a0021110_1746148.jpg
キバナノコマノツメ。。。。
a0021110_17464394.jpg
ハクサンイチゲ。。。、だったかな?
a0021110_17511731.jpg
かわいい花たちを愛でながら歩いたあと、一休みしていると。。。。一瞬、青空がっ!!!fisheyeでどうにか撮りましたぁ。。。。
a0021110_17523981.jpg
。。。短い滞在時間だったけど、またいつか~今度はも少し歩きたい。
a0021110_1813765.jpg
下界はいたいほどの日差しだった、あれからもう1週間、だいぶ景色が変わっているだろな、お疲れ様でした~、おしまい。。。。



2012.7.8.千畳敷カール、
[PR]
by yuhu811 | 2012-07-13 18:05

雲を眺めて。。。

大きな窓のある部屋からは、晴れていれば南アルプスの峰々が望めるらしい。。。。
a0021110_1210123.jpg

しかしこの日は、雲が湧き上がり、流れていく、それをただ眺めているだけの時間を。。。。時々シャッターを切りながら、夕暮れまでを過ごした。



a0021110_1229041.jpg
a0021110_12112353.jpg
a0021110_12114918.jpg
a0021110_1227498.jpg



。。。。。( ̄。 ̄)ボ~~~~ッ


2012.7.7.駒ヶ根
[PR]
by yuhu811 | 2012-07-12 17:09

ソースかつ丼

a0021110_13595668.jpg
7月7日の七夕は、お天気が今一つな日が多いように思う。今年はさいたまは雨、駒ヶ根は雨上がりだった。雨といってもしとしと雨ではなく、警報が出るほどの雨だ。その中を出掛けて行くのはどうかと思うがこの日を逃せばまたいつ行けるやら。。。だんだん晴れて行くほうに向かっていくしーと、楽観楽観。しかし、しらび平までのバスも千畳敷へのロープーウェイも動きはじめていなかった。午後には動くかも?と、思いながら早めの昼食、ソースかつ丼を頬張った。
かつ丼というと、とんかつを玉ねぎとともに卵でとじたものを思い浮かべるが、ここのかつ丼はとんかつをソースにくぐらせて、ご飯の上に置いたもの。ご飯とかつの間にはキャベツの千切りが入っている。こういうかつ丼は都内でも食べたことがあるが、初めて見たときは驚いた!もうだいぶ前のことだけど、その時のかつ丼はかつはかつのまま、自分でソースをかけて食べるものだった。あれれー?卵なくなっちゃったのかしら?なんて思ったものだ。
a0021110_1455355.jpg

こちらは味噌パスタ。。。。やや甘めだけれど、これもありかな。。。
a0021110_1465181.jpg

こちらは味噌ピッツア。。。。ビールがすすみます。。。
a0021110_14103169.jpg
ゆーっくりご飯を食べてお土産選びまでしたのだが、バスもロープウェイも動く気配なし。安全第一だからいたしかたない。この日、千畳敷へは行けず、代替えのお宿へ向かったのだった。
a0021110_14255085.jpg




2012.7.7.駒ヶ根にて
[PR]
by yuhu811 | 2012-07-11 16:49

千畳敷カール

a0021110_1702266.jpg

先週末、娘たちと千畳敷カールに行ってきました。残雪多く、高山植物はまだまだこれから・・・今シーズンは雨が少なく雪が解けないのだそうです。なかなか見られない景色に時間を忘れました。とりあえず一枚。。。たぶん続く((o( ̄ー ̄)o))




2012.7.8.千畳敷カールにて、
[PR]
by yuhu811 | 2012-07-09 17:08

曼殊院門跡

圓光寺から徒歩15分、曼殊院門跡に行く。門跡というのは皇室一門が住職であったことを意味するものだそうだ。大玄関から上之台所など建物全体が興味深い、庭園の鶴の姿をした五葉松が見事。
a0021110_15395767.jpg
5時になると、どこからか声明が聞こえてきた。。。。庭に明かりが灯る
a0021110_1540393.jpg
。。。朗々と響き渡る声明
a0021110_1541208.jpg
a0021110_15414023.jpg
a0021110_15421993.jpg
a0021110_15424435.jpg
以上、11月5日一乗寺界隈にて。。。
京都の記録はこれにて終了。続きもあるのですが、またの機会にいたします<(_ _)>
[PR]
by yuhu811 | 2011-11-18 16:25