たゆたふままに

<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「はじまりの記憶」     柳田邦男・伊勢英子

a0021110_16490815.jpg
数えたら18年も前の本。ちょっと前のような気もするし遠い昔のような気もするなーと、図書館で手に取った。柳田邦男さんと伊勢英子さんが、それぞれのさまざまな自分の中の記憶の始まりを手繰り寄せ、今につながる思いを綴った本。前を見ることは大切だけれど後ろを振り返ることで気付きもあり、なかなか面白い。

で、私事だが、いちばんの幼い記憶はたぶん入園試験。神田のお寺の三年保育の幼稚園に入れられた。家の前に通園バスが止まるので、仕事で忙しい両親には都合がよかったのだと思う。手を引かれて引き戸の中に入り、知らない人に冊子をみせられながら何か聞かれて、しぶしぶ答えた記憶がある。隣に母がいたので致し方なく答えた。母を悲しませたくなかったので、いいこのふりして答えたのだ。外に出ると園庭の大きなテントの中で四角いアルミケースにプリンが整列していた。卒園式だったのかもしれない。幼稚園は大大大嫌いだったなー。。。。




画像は自宅庭から空、2017.4.12.


[PR]
by yuhu811 | 2017-04-27 17:57

横浜イングリッシュガーデンへ

3月末、友人と横浜イングリッシュガーデンに出かけた。桜が咲いていてもおかしくない時期だけれど、今年はゆっくり開花!暖かな冬かと思っていたのに予想外だった。もしかして今頃が桜満開かな~。。。。

a0021110_10273574.jpg


足元で咲くパンジーは、お目目パッチリのおしゃれさんに見えたりして。。。。ブルーのまつ毛素敵!ポートレイト撮らせてね!


a0021110_10265205.jpg


その日のメインテーマは口福だ(笑)なので、とりとめのないおしゃべりと美味しいものに花開いた時間だった。


a0021110_10270907.jpg


感謝&ごちそうさま、そしてお誕生日おめでとうございます♪本当はそれがいちばんでしたね!





2017.3.28.横浜イングリッシュガーデンにて、




[PR]
by yuhu811 | 2017-04-13 11:01

一人立ち獅子の土人形

a0021110_09311470.jpg

東京国立博物館の考古フロアでは江戸の玩具として造られた面打や土人形の展示もあった。面打は面子のことで大量生産されたらしい。土人形には当時の流行や風俗を反映しているものがあり、いずれも子どもの無事や幸せを願うものと考えられている。そこに、鞨鼓を持つ一人立ち獅子があった!東京台東区の上野公園で出土したもので、江戸時代17~19世紀のものだそうだ。その頃にはここにも三匹獅子舞があったのかもしれない・・・などと、江戸の人々の暮らしを思い浮かべた一瞬だった。




東京国立博物館にて、2017.4.1.


[PR]
by yuhu811 | 2017-04-13 09:52

「写真関係」     石内都

a0021110_10152739.jpg

東京国立博物館に行ってきた。公開中の庭園散策が目的だったのだが、もちろん館内も必見だ。知らなかったのだが考古のフロアと法隆寺宝物館がリニューアルされていた。考古フロアは2015年にリニューアルされたというのだから、2年も知らずにいた。ふむふむ2年など、びゅーと過ぎていくのだなー。考古フロアは埴輪が林立していてとても楽しい。埴輪かわいいー♪なんて歩いていると、えぇ?!と目に飛び込んできたのが、画像の馬の鉄仮面?!だった。馬冑(ばちゅう)という。5~6世紀古墳時代の戦闘用馬具で和歌山県で出土されたもののレプリカだ。当時としては稀少な舶載品のようで、古墳時代の埴輪展示の中にあり何か違和感を感じたのかもしれない。えぇ!なんだ~これはー!!!と思いまじまじ見るうちに、思いは痛みとともに違うところへと飛んで行った。飛んで行った先は、石内都さんの撮ったフリーダ・カーロのギブスだった。

フリーダ・カーロの遺品写真は本で見ただけだが、心の奥深くに入り込む。”ひろしま”や”命の衣”、”マザーズ”などの写真もそう。その石内都さんがエッセーを出したのだから読まねばなるまいと昨年秋、手にしたのがこの本「写真関係」である。で、驚きの馬具から思い至り、本のきろくに記しておこうとなったわけだ。

内容は、"絶唱横須賀ストーリー"から現在に至る時と思いのながれ、写真を撮るときに大切にしていること、母親のことや自分の名前のことなどなど綴られていることは興味深い。印象に残ったのが「時のうつわ」という捉え方だ。身体は時を貯蓄する入れ物という実感は、想像することしかできないのだけれど、そういう捉え方があったのかと。あぁだからこそ、あのように撮れるのかもしれない。また石内都さんはあとがきで、文章を書くように勧めてくれた編集者のIさんに触れている。その方に私だってお礼を言いたい!石内都さんて話してみたいけど話せない。どんなこと考えているのか少し知りたい。だから、よくぞ勧めてくださった!編集者の眼力っていうのかな?すごいなーってそのことも再認識したのでした。




画像は、2017.4.1.東京国立博物館にて、
[PR]
by yuhu811 | 2017-04-04 16:37