たゆたふままに

<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

氷川女體神社 祇園磐船龍神祭

a0021110_17234492.jpg
a0021110_1724370.jpg
a0021110_1111055.jpg
a0021110_1161984.jpg

さいたま市の氷川女體神社磐船祭祭祀遺跡で祭事があった。享保12年の見沼干拓により、それまで行われていた「御船祭」が中止になったさい、柄鏡形の土壇の周囲に池を配し祭祀の場とし、享保14年からは「磐船祭」として復活させた。ところが江戸時代の終わりとともにその祭も廃止となったが、近年、祇園盤船龍神祭として復活させたもの。





2016.5.4.埼玉県さいたま市
[PR]
by yuhu811 | 2016-05-30 17:13

飯能 乱舞

今年の初よさこいは、飯能の乱舞さんを撮らせていただきました。
a0021110_174576.jpg
a0021110_1745782.jpg
a0021110_1753781.jpg
a0021110_1763050.jpg

ありがとうございました。




2016.4.24.埼玉県入間市にて
[PR]
by yuhu811 | 2016-05-20 17:08

おとうろうとは

おとうろうまつりのおとうろうとは、お灯籠のことで、むかしは灯籠が道の両脇にともり、大賑わいのおまつりだったそうだ。
a0021110_16392128.jpg
a0021110_1640252.jpg
a0021110_16405136.jpg
a0021110_16414590.jpg
a0021110_1643317.jpg
a0021110_16432557.jpg
a0021110_1643424.jpg

その昔がどれくらいのむかしなのか分からないけれど、子供相撲の土俵入りやはしご乗りの奉納があったり、老若男女大活躍の賑わいだった。写真もたくさん撮らせていただき、ありがとうございました。
[PR]
by yuhu811 | 2016-05-20 17:00

おとうろうまつり

少し前になるのだけれど、4月24日に入間市の”おとうろうまつり”に行ってきた。旧扇町屋(現豊岡)の鎮守さまである「愛宕神社」の春の例大祭だ。この神社は非業な最期を遂げた新田義興(よしおき)の首が首塚に祀られており、御祭神となっている。祀られているのは首だけだ。一方胴体は?というと、謀殺された多摩川の矢口にある新田神社、(東京都大田区)の胴塚に祀られているそうだ。その物語を知ると、恐ろしくも哀しい歴史だけれども祟り神信仰から御霊信仰となり、その偉大な霊力により、厄が払いのけられると考えられるようになったのだとか・・・・特に例大祭の日は霊力が強く、絵馬に願いを込めると良いとされている、のに・・・・、絵馬に願いこめてこなかったー!後の祭り・・・・・だけれども、いいおまつりだったー。


a0021110_18264030.jpg
a0021110_1827652.jpg



少年からは”スペシウム光線”が出ているものと思われます。がっ!お狐様も素早くかわします!




2016.4.24.埼玉県入間市にて、
[PR]
by yuhu811 | 2016-05-18 18:38

エゴノキ

a0021110_1148235.jpg

毎年この花が咲きだすと、どこからか蜂がぶんぶんやってきて、大賑わいになる。それで、今年も咲いたのね!と、この木の存在を思い出すのだけれど、いつもいつも名前が出てこない。スズナリに咲くのでスズナリさん、なんて勝手に名前を付けているからかもしれないが・・・・えぇーと・・・・例年のように図鑑で調べて、あーぁ!そうだった・・・の繰り返し。なのでここに覚え書!もしもし庭の管理人さん、こちらはエゴノキですよ~。さらにネットで調べると、エゴノキの園芸種”ピンクチャイム”のようだ。今日は曇天、これから雨雲が来るらしく、そのせいなのか?蜂は一匹も飛んでこない?そういうものなのか??不明。。。。




画像は2016.5.6.庭にて、
[PR]
by yuhu811 | 2016-05-06 12:17

五月三日 憲法記念日

a0021110_13153470.jpg


以下、日本国憲法前文です。一部、語意を書き加えてあります。この素晴らしい憲法を、手放さないでー

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民の協和(心を合わせて仲良くすること)による成果と、我が国全土にわたつて自由のもたらす恵沢(恩恵、喜ぶべきこと)を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権(国家の意思を最終決定する最高権力)が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び紹勅(天皇の出す公文書)を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を祈願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従(服従すること)、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和の裡に生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。




画像は、2015.6.さいたま市にて、
[PR]
by yuhu811 | 2016-05-03 12:21