たゆたふままに

<   2013年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

飛鳥山公園

a0021110_1351056.jpg

サクラには、特にこれといった思い出は何もない。だからただ、わーきれいーって歩くだけ。。。板橋から王子まで、石神井川を辿りながら、今年も歩けたらいいな。。。。



2012.4.7.東京都
[PR]
by yuhu811 | 2013-03-24 13:50 | Comments(6)

サクラ満開

a0021110_13425048.jpg

東京でサクラ満開!?そーですか!特に用事はないけれど、出かけなければなりますまい。。。今年はどこに行こうかな、今年もここに行きたいな。。。でもあの道も歩きたい、等々思案中~♪ 妄想だけで終わらぬようにしなければ。。。。。画像は昨年春の石神井川沿いの公園にて。。。



2012.4.7.東京都
[PR]
by yuhu811 | 2013-03-23 13:48 | Comments(0)

新宿御苑の枝垂桜

a0021110_18274939.jpg
a0021110_1814289.jpg

16日のダイヤ改正で、わが町某駅も便利になった。それならばまずは、新宿へ。下の池の枝垂桜が見ごろだった♪




2013.3.17.東京都
[PR]
by yuhu811 | 2013-03-20 18:23 | Comments(4)

チリヌルヲ

カンザクラ、チリヌルヲ。。。。
a0021110_17262476.jpg

俵万智さんの歌に、花びらが、うふふと微笑みながら飛んでいく・・・・みたいな歌があった。あれは桜の花びらなのだろうと勝手に思いこんでいる。微笑みながら飛んでいく、その場に今年は立ち会いたい。

  「散るという 飛翔のかたち 花びらは ふと微笑んで 枝を離れる」 俵万智





2013.3.14.東京都 新宿御苑
[PR]
by yuhu811 | 2013-03-20 17:52 | Comments(0)

急ぎ足で往かないで

春の嵐の後、今日は初夏の陽気となった。汗ばみながらお墓参り。近くの林で鶯が鳴いていた。素晴らしく響く歌声で、ホーホー、ホーホケキョ・・・・♪ 春よ、急ぎ足で往かないで。もう少し、まだ少し、寒さの残る春を楽しみたい。

a0021110_17281673.jpg
a0021110_17282954.jpg





画像は、2013.3.14、3.17.東京都内にて
[PR]
by yuhu811 | 2013-03-19 17:52 | Comments(2)

庭の花、咲き始める

二日ほど前のことだけど、庭に、22℃の風が吹く。ひそやかにかくれてた黄緑黄色、ももいろすみれ、花の色吹き出した。けど、画像は新宿御苑。。。。^^;

a0021110_12473535.jpg

年々寒暖の差が激しくなっているように感じている、今年も?と思っていたら、22℃に微睡むまもなく、夏日となった昨日、そして本日も?その後は、例によっての急降下になるのかな。。。。




画像は、2013.3.5.東京にて
[PR]
by yuhu811 | 2013-03-10 12:57 | Comments(0)

ウメ 満開

ウメ、満開の新宿御苑、ほくほくと、甘い匂い漂わせて。。。。。。

a0021110_17454617.jpg





2013.3.5.東京都
[PR]
by yuhu811 | 2013-03-08 17:50 | Comments(2)

カンザクラ咲く

ぽかぽかの、春が一気にやってきた、新宿御苑。。。。

a0021110_17521257.jpg

a0021110_17474761.jpg

a0021110_17314586.jpg

a0021110_17431933.jpg






2013.3.5.東京都
[PR]
by yuhu811 | 2013-03-07 17:38 | Comments(0)

「空と樹と」     長田弘  

a0021110_11574419.jpg

いくつかの詩集より抜粋された9つの詩が、日高理恵子の画とともに収録されている。身体に沁みこむ。中でも、「立ち止まる」にうんうんと頷いた。今は、何も聴こえなくなったし話すこともできないけれど、耳を澄ましてみるよ、立ちどまってみるよって。

立ち止まる。

足を止めると聴こえてくる声がある。

空の色のような声がある。



「木のことば、水のことば、

雲のことばが聴こえますか?

「石のことば、雨のことば、

草のことばを話せますか?



立ち止まらなければ

ゆけない場所がある。

何もないところにしか

見つけられないものがある。


--------「空と樹と」より抜粋------




2012.4.19.東京
[PR]
by yuhu811 | 2013-03-04 14:51 | Comments(0)

「旅路」    藤原てい

a0021110_1110144.jpg

藤原ていの少女時代から新婚生活、夫である新田次郎を見送るまでの、日々の生活や思いが綴られている。中でも、引き揚げの時の話は壮絶で言葉を失う。「流れる・・・」には書かれていなかった、カラスの死骸を焼いて飢えを凌いだり、ソ連軍の婦女子への蛮行が描かれている。帰国後、衰弱状態が長く続いたために、子供たちへの遺書として書かれたものが「流れる星は生きている」だった。その出版を後押ししたのは夫であったのだが、大ヒットして妻が忙しくなってしまうと夫は面白くなかったらしく、藤原ていは一切の執筆依頼を断わる。なんか、かわいい、夫である新田次郎がです。。。。新田次郎に作家として立つことを決心させたのが「流れる・・・・」の大ヒットだったそうですよ。



画像は2013.2.22.都内にて
[PR]
by yuhu811 | 2013-03-04 13:59 | Comments(0)