たゆたふままに

<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

川越まつり 羅陵王立つ

大きな通りに出て、羅陵王が立ちました!が、光が背後から差しているのでお姿はシルエット。。。
a0021110_13555512.jpg
背後に回り、背中だけでも撮っておきましょう。。。
a0021110_13561499.jpg
さらに、警護の方もご一緒に撮らせていただきました。
a0021110_13573090.jpg
装束には羅陵王の面が描かれていました。文武に優れていた羅陵王でしたが、秀麗な顔立ちのため兵士の士気を高めるように、このような獰猛な面を被っていたそうです。
a0021110_13574723.jpg
扇子にもこのとおり~!
a0021110_1358119.jpg

[PR]
by yuhu811 | 2011-10-31 17:54 | Comments(0)

川越まつり お囃子

屋台が過ぎた後も、お囃子の踊りに見とれていました。白髪の狐さん、かっこいいなぁ・・・口がかくかく動くんですよね!
a0021110_13392891.jpg
a0021110_13395074.jpg
a0021110_1340731.jpg
お囃子にはいろいろ流派があるようです。踊り手はいずれも子供たちで、日々練習を重ねているそうです。素晴らしい!
[PR]
by yuhu811 | 2011-10-30 13:50 | Comments(2)

川越まつり 仲町 羅陵王の山車

今年は15基の山車が出たそうですが、こちらは仲町の「羅陵王の山車」です。先触れ方、露払い、手古舞、祭礼役員、警護方、宰領、綱先、子供衆、副宰領、鳶頭、警護方、職方、そして山車が続き、見送り、囃子方、と続きます。
a0021110_1421396.jpg
かわいいポーズ、ありがとう。。。
a0021110_14221331.jpg
a0021110_14223924.jpg
a0021110_1423896.jpg
a0021110_14234127.jpg
a0021110_14315676.jpg
山車のてっぺんに人形が見えますが、これが羅陵王です。座っていますが、すっくと立ちます。
a0021110_14321662.jpg
角を曲がって進んでいくと、浦島囃子連のおでむかえ。回転台になっている山車の上部をくるりと回してお囃子の競演です。
a0021110_14324015.jpg
しばしお囃子を愉しみます。
[PR]
by yuhu811 | 2011-10-29 14:47 | Comments(2)

川越まつり 2011

10月16日、川越まつりに行ってきました。写真はほとんどきっと撮れないだろなぁ・・・と出かけたのですが、午前中に友人と合流してみると、予想したほどではなく、のんびり愉しむことが出来ました。朝からお誘いくださっって、ありがと~♪ 仕事の遅いワタクシですが、ようやく現像上がりました。まずは一枚、電線をかき分けて大通りへとむかう山車であります。
a0021110_17433359.jpg

[PR]
by yuhu811 | 2011-10-28 18:01 | Comments(2)

東京よさこい

ブラックミストNo1というフィルターを、ある写真家さんから教えていただきまして、10月9日、東京よさこいで使ってみました。望遠の方が効果が分かりやすいとあったので、この日は望遠ズームのみ。控えめなソフトで、光が拡散されるカンジかなぁ。。。
a0021110_16311783.jpg
a0021110_16322064.jpg
a0021110_1633471.jpg
a0021110_16332349.jpg
a0021110_16343636.jpg

ところで、東京よさこいは豊島区のお祭の一環として開催されているようで、規模が大きくなっていました。各地の名産品の販売や屋台がたくさん出ていました。たべものにつられて来年も出没してしまうかも(^^;
また、子供たちの部という時間帯があり、応援団の声を背に見せていただきました。みんな、元気いっぱいでかわいくて、もうそれだけで、しあわせじゃ~
a0021110_16534347.jpg
a0021110_1654187.jpg
a0021110_16541382.jpg
a0021110_16544790.jpg
a0021110_1655410.jpg
a0021110_16554155.jpg
a0021110_16555787.jpg
a0021110_1657618.jpg
a0021110_16572666.jpg
a0021110_16574551.jpg
a0021110_1742367.jpg

みんなみんな、健やかに大きくなりますように。。。ありがとうございました。
[PR]
by yuhu811 | 2011-10-20 17:14 | Comments(6)

パンダを食す

a0021110_15514823.jpg

上野にて友人とパンダを食す。上に載せてあるのはアイスではなくてムースなり。お喋りに夢中になっても、溶けることはありません。「かわいいー」としばらく眺めていても大丈夫。傾く日差しを浴びても崩れません。上野精養軒のパンダのムース、550円也。
[PR]
by yuhu811 | 2011-10-13 16:11 | Comments(2)

「地のはてから」

a0021110_1701520.jpg

乃南アサの「地のはてから」を読んだ。福島から北海道の知床に開拓に入った、ある家族の大正期から昭和にかけての物語。主に、一家の中の「とわ」という女性を中心に語られていく。「福島」「奉公」「北海道」「開拓」「戦争」「街と辺境の地と」などなど、いくつもの長年引っかかっている単語がからんでいたので、とても興味深かった。「とにかく生きろ、生き抜くんだ」というせりふに、私の母も祖母も会ったことはない福島の曽祖母も、そしてもちろん男達だって、そうやって生きて生き抜いてきて今の私がいるのだな、と。そう思うと、今現在の私の軟弱なる日々に申し訳けなくもあるのだが、ありがたく、このしあわせを感謝しなくては・・・。「とわ」の母親が、国のことを語る言葉が印象深かった。

画像は、2010.9.25.上高地にて
[PR]
by yuhu811 | 2011-10-06 17:57 | Comments(0)

「だからカバの話」

a0021110_1442924.jpg

雨だから、画像の整理、フォルダの整理。カバの画像があったから、だから、「だからカバの話」、宮嶋康彦著。もともと「脱風景写真」という本から宮嶋さんを知ったのだが、折に触れ、カバのことを語るのを知る。何故にカバなのか?という疑問を解決させてくれた本。カバが背負わされた闇を通して、動物園という施設の解せない部分を丁寧に文字にしてくれた。なので、動物園に対して抱く、なんかヘン、という私の感情をも解決してくれた本。宮嶋氏は、なんと愛情深い人なのだろうと認識した本でもある。

画像は2011,4,4,の上野動物園のコビトカバ
[PR]
by yuhu811 | 2011-10-05 15:12 | Comments(0)

節電の結果

a0021110_17285951.jpg

原発の事故があってから、我が家でも電気の使い方を改めた。方向としてはやはり節電。どうしてもそれは必要なのか?ということを考えて過ごした結果、昨年と比べて、なんと~!8月の電気代は38%減、9月の電気代は43%減、という「使用量のお知らせ」の印字に驚いた。暑い夏だったとはいえ、ときどき涼しい日もあったからなのかもしれない。或は昨年は無頓着に使っていただけなのかも。いずれにせよその節電代、ちょっとした額になるのですけれど、すでに家族の血肉となった。
[PR]
by yuhu811 | 2011-10-04 18:19 | Comments(0)

金木犀と、今朝の空

a0021110_1638355.jpg

窓を開ければ金木犀、北側の家の庭に立つ大きな木です。春先まで手前にネズミモチが茂っていたので、すっかり隠れていて気が付きませんでした。手前に立っていた大きなネズミモチは、我が家のトヨを詰まらせる一因になっていたので、思い切って剪定していただくようにお願いしていたのです。快く剪定してくださって感謝です。おかげさまで、海に浮かぶ島のような金木犀を愉しませていただいています。
[PR]
by yuhu811 | 2011-10-03 16:50 | Comments(6)