たゆたふままに

<   2008年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ぽちっと押したら。。。

ぽちっと押したら、ささっとな。。。。すぐに届きましたZD70-300ですぅ。あぁ誘惑に負けたぁ。ですが強風の日でもへいっちゃら、お部屋の中からほーれほれ、こんなに大きく撮れまする!これで柵の向こうの小さなお花も撮れるかな。。。
a0021110_17482588.jpg
a0021110_17484953.jpg
a0021110_17492494.jpg
a0021110_17494392.jpg
(1枚目3枚目は140ミリ換算、2枚目4枚目が600ミリ換算です)
[PR]
by yuhu811 | 2008-02-27 18:00 | Comments(0)

ぽかぽか

a0021110_2301784.jpg
ぽかぽか陽気になりました。寒い日が続いたおかげでうれしいぽかぽか。公園の片隅でお花屋さんの店開きです。お花もうれしそう、ベンチもぽかぽか。
[PR]
by yuhu811 | 2008-02-22 23:20 | Comments(0)

「父さんが言いたかったこと」

a0021110_13133313.jpg
このところ読書というと写真に関係するものしか読んでも頭に入らなくなっていたのですが、今月に入ってから「ワタクシ的読書月間」(ヘンな日本語?)に突入したようです。寒さが続いてくれているおかげかもしれません。近くに快適な図書館が出来たからかもしれません。まぁ、いずれにしろ愉しいことは好いことで、ひとり用のホットカーペットに座り一冊読み終えました。

それがロナルド・アンソニーの「父さんが言いたかったこと」という物語です。老いた父親と独りで暮らす息子との確執や一緒に暮らすことになってからのそれぞれの思いがそれぞれの語り口で書かれているのですが、読み終えて次に進みたくない、心の中に留めてしばらくあたためていたい。。。そんな気持ちにさせる小説でした。男の人の側から見た恋愛という点でも、面白く、そして心打たれてしまいましたぁ。
[PR]
by yuhu811 | 2008-02-18 13:13 | Comments(0)

東京マラソンの日ですが

a0021110_12221449.jpg
17日東京マラソンの日ですが、この日は東京都写真美術館の一部が入場無料になる日でもあるんですね。ですので、恵比寿に出かける用事もあったのですが「土田ヒロミ氏のニッポン」と「文学の触覚」を見てきました。
「土田ヒロミのニッポン」は、なまはげの大きな写真が宣伝媒体に使われていたので、そういう写真がずら~と並んでいるのかと思いましたら、そういうわけでもなく、それは一部分でありました。昭和の首都圏で撮られた群れる人々の写真はとても興味深く、ヒロシマの取材から集められた写真とキャプションには深く心を動かされました。そして各地の祭りを記号化して記録と。。。んーすんごいなぁ、対談シリーズ行けばよかったぁ。と後悔しています。また、老化を感じたときから撮り始めたという、一日一枚の自分の顔の写真にも圧倒されました。
一方「文学の触覚」というのは映像と文学のコラボレーションでありまして、一人で遊ぶのに愉しい空間が作られていました。言葉を手で受け取ってイマジネーションを広げてみたり、書を立体として見てその世界を想像してみたり。。。文字が天から降ってきてたりして。。それにしても若いカップルや家族が多く、それもまた興味深く思ったのでありました。
展示は残念ながら「ニッポン」は20日まで、「文学の触覚」は17日で終了です。
[PR]
by yuhu811 | 2008-02-17 11:42 | Comments(0)

ゾク・東京タワー展望台より

この日(13日)東京はよく晴れました。朝には富士山も見えたのですがだんだんと霞んで午後にはうっすらと確認できるかなぁ。。。というくらいになりました。展望台には床にも窓があるんです!覗き込んだり携帯に収めたり、上に立っても大丈夫!金網が張ってあるからねぇ。。。。でも、ゾクゾクっとするだろうなぁ。。。
a0021110_955361.jpg
a0021110_958324.jpg
覗いただけでゾク~でした。
[PR]
by yuhu811 | 2008-02-13 22:51

東京タワー展望台より

増上寺をまわって東京タワーに上りました。平日というのに混んでいたのは、この頃の海外からの観光ブームのおかげのようです。日本はたぶんかなり独特な国なので、きっと楽しんでもらえることでしょう。一緒にエレベーターで展望台へびゅーんとひとっとび!ここまで820円、さらに上にいくには600円が必要で。。。予算の関係で今回はパスゥ。ですが、ここからもいい眺めでしょ。
a0021110_17195367.jpg
高いところから見渡せる東京はいつまでも飽きるということがありません。あの建物はなにかしら?とか、あそこにはこんなものがある、とか、こちらの方角にあれがあるはず、とかーあの山の向こうはあそこに続いていてどこいくんだろ。。。と、こそあど言葉がいつまでも続きます。
[PR]
by yuhu811 | 2008-02-13 21:20 | Comments(0)

芝・増上寺

徳川家の菩提寺、増上寺をお参りました。三門は三つの煩悩から解脱することを表しているので「三解脱門」と言われています。大きすぎてカメラに収まりません。
a0021110_1745310.jpg
a0021110_1745218.jpg
a0021110_17454365.jpg
煩悩だらけであります。。。σ(-_-)ワタシ
[PR]
by yuhu811 | 2008-02-13 20:47 | Comments(0)

目の中で光るもの

a0021110_18553957.jpg
たま~に目の中で「ピカッ!」と光るものが見えるときがあります。暗闇で目を閉じてるときに気がついたのですが、携帯は光ってないし。。。なんじゃろかぁと思っていましたら。。。それって目の老化なんだそうですぅ!!!
まじでっか~。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。友人によりますとそのうちに治まるらしいのですが・・・。

目の中の細胞か何かが死滅するときに光を発するのかもしれないなぁ。。。宇宙で星が燃焼するみたいにさー。でも、そのうちに治まるって?どーいうことでしょう。燃えるものがなくなるのでしょうか?!

今日は雨、僅かに残っていた雪もきっときれいに融けていったことでしょう。
[PR]
by yuhu811 | 2008-02-12 18:25 | Comments(0)

「償い」

a0021110_16282193.jpg
文庫本の帯を読んで。。。どれどれと手にした矢口敦子さんの「償い」。久し振りに泣きました。なぜ?何処が?って、ミステリーですからいろいろ書かないほうがいいでしょう。。。。

PS:申し訳ありませんがコメント欄、お休みさせていただきます<(_ _)>
[PR]
by yuhu811 | 2008-02-11 16:50

二月の雪

a0021110_21444134.jpg
夜、三度目の雪が降りました。翌朝になると融けてしまっているかもしれないと、雪の上を歩いてみました。そして今朝はやっぱり春の日差し。積もった雪はアスファルトの上をつたって地下に流れていきました。じんじんと滲みこんでいくものや、ゆらゆらと空に上っていくものもありました。海と空と大地、大きなものに吸い込まれていきました。
[PR]
by yuhu811 | 2008-02-10 22:02