たゆたふままに

「上野時空遊行ー歴史をひもとき今を楽しむー」     浦井正明

a0021110_10041983.jpg
上野近辺を続けて何度か散策した。古地図などを見たりしているうちに今頃になって気づいたことがある。「台東区の歌」は小学校から中学校まで歌っていたので今でもなんとか歌えるのだが、その歌詞に見え隠れする歴史をまったく知らないということだ。現在は台東区に住んではいないけれど、「お山」と呼んでいた上野のことを知りたいと思った。その過去に驚きがいっぱいなのである。なぜ野口英世像は国立科学博物館の前に建っているのか、とか、懐かしの博物館動物館駅の重厚な雰囲気の理由、とか、、、。そしてなによりも、天海僧正の夢・上野戦争の前後については、興味深くまた胸が熱くなる。いくつもの人々の過去や台地に刻まれた記憶に思いを馳せて、また歩いてみたい。

画像は、2017.4.8.谷中にて、この日は天王寺のしだれ桜がきれいだったー!けど機を逸したので猫ちゃんです。
[PR]
by yuhu811 | 2017-05-26 10:25 | Comments(0)