たゆたふままに

「チェルノブイリの祈り-未来の物語-」    スベトラーナ・アレクシエービッチ 松本妙子訳

a0021110_16054758.jpg

2015年にノーベル文学賞を受賞した「チェルノブイリの祈り」は、1996年に「諸民族の友好」という雑誌に発表されたものだった。事故後10年経ってからのことだ。日本では1998年に出版後絶版となっていたがフクイチの事故後再出版となった。チェルノブイリ事故後の現地のふつうの人々の言葉に丁寧に耳を傾け、その証言を記したもの。私たちの現在であり未来でもある。




画像は、2017.1.14.都内にて、






[PR]
by yuhu811 | 2017-03-31 16:46 | Comments(2)
Commented by etoiless at 2017-04-02 12:19 x
先日は楽しい時をありがとうございました♪
電車はさすがでした!!(^^)

ご紹介されたような大切な内容の本も忘れてはならないですね。 我々にもいつ襲ってくるかわからない。
平和な世の中を祈ります。
Commented by yuhu811 at 2017-04-02 12:26
> etoilessさん
こちらこそ、ありがとうございました♪
電車?!いえいえ~ごくごく普通のことですが、
そのように言っていただけて嬉しいです~

>我々にもいつ・・・・
そうですね、警戒を怠ってはいけないのかもしれませんね。
コメントありがとうございます!