たゆたふままに

諏訪八幡神社の獅子舞(2016.11.6.飯能まつりにて)

飯能の諏訪八幡神社の獅子舞は、かつては9月26日に行われていたが、現在は11月初旬の飯能まつりの日に神社での宮巡り後、飯能まつりの会場である路上で舞う。万灯、猿田彦・法螺貝二人・棒遣い二人・花笠をかぶったささら摺り四人・面一人・獅子三匹と続く。ほかに笛方。披露された演目は竿掛かり。黒い面をつけたおどけものが拍子を取り、獅子は舞うのだが、黒面の踊りや仕草がエロティックで印象的だ。強烈なのでファンもいるほどだが、こどもに近づくと怪訝な顔をするか泣き大人は大笑い!
びっくりな獅子舞だったけど、すっかりファンとなる。
a0021110_17351037.jpg
a0021110_17354374.jpg
a0021110_17361294.jpg
a0021110_17362482.jpg
a0021110_17363463.jpg
a0021110_17370504.jpg
a0021110_17371354.jpg
a0021110_17372140.jpg
a0021110_17372754.jpg
a0021110_17373439.jpg
獅子舞が終わると御守り授与があり、欲張って二枚いただく。金運がつくそうだけれど、なるほどなー。ほかに小瀬戸の獅子舞も披露された。ありがとうございました。




2016.11.6.埼玉県飯能市、飯能まつりにて、





[PR]
by yuhu811 | 2016-12-28 18:23