たゆたふままに

「暴露 スノーデンが私に託したファイル」   グレン・グリーンウォルト

田口俊樹・浜野大道・武藤陽性/訳
a0021110_1542880.jpg

国家安全保障局(NSA)と中央情報局(CIA)に籍を置いていたエドワード・スノーデンが持ち出した、アメリカの機密文書の内容と、スノーデンがなぜそのような行動に至ったか、について詳らかに書かれている。インターネット世代はもちろんのこと、ジャーナリストや個人情報を守らねばならない仕事についている人の必読書。
現在、ドイツとブラジルが主導する、トラフィックが合衆国を通過しない新たなインターネットのインフラを構築するという動きがある。また、多くのヨーロッパの企業が、情報をNSAに渡さないとしてメールやチャットのサービスを提供しているので、善い方向への変化を期待したい。




画像は、2014.10.7.埼玉県内にて、
[PR]
by yuhu811 | 2014-11-06 15:27 | Comments(2)
Commented by ayame at 2014-11-07 23:10 x
こんばんは。今日は楽しかったですね!ありがとうございました。
そしてお花はやはり癒されます~~♪
難しそうなご本を読まれるんですね。
一時ニュースを騒がせていましたが
この方今はどうしていらっしゃるのかしら?…
Commented by yuhu811 at 2014-11-08 15:54
ayameさん、こんにちは~^^
うんうん、楽しかったね!
こちらこそお世話になりました、ありがと~♪
綺麗にお手入れされていて気持ちよかったね。

スノーデン氏、今は自由に暮らしていらっしゃるそうですよ。
読んでみようと思ったきっかけは、何故?というミーハー的興味です。
抹殺されるかもしれないのに・・・安定した世界を捨ててまで何故そんな危険なことをしたのか?
ということを知りたかったからです。それを知り、胸が熱くなりました。