たゆたふままに

「漂う」     黒井千次  

a0021110_17571934.jpg

2010年4月から2013年3月まで、毎日新聞に36回にわたり掲載されたエッセイをまとめた一冊。サブタイトルに、古い土地新しい場所とあるように、思い出の中にあった各地を再訪したときのことが記されている。新宿の大久保通りから始まる再訪は、主に東京を歩いたものになっているが、熱海や名古屋、広島なども訪れている。心の中にある風景と、目の前にある風景の中を、あたかも一緒に漂うように往ったり来たり・・・。やさしくて味わい深い文章が心地よく、変化が少しさみしくとも、苦しみや悲しみを見つけても、思いもよらぬ方角から言葉の光が差し込んできて、目が開かれる。風景に思いを馳せながら、私もいつか再訪の旅に出てみたくなった。



画像は、2013.12.24.埼玉県にて、
[PR]
by yuhu811 | 2014-01-24 17:33