たゆたふままに

「ランドセル俳人の五・七・五」     小林凛

a0021110_13162320.jpg

2001年5月に大阪で生まれた小林凜太郎くんの初句画集。幼い日、彼は「月は東に日は西に・・・・」と蕪村の句を口にしたという。それ以来次々と俳句がうまれてきたそうだ。その句を丁寧にすくい記していた家族の愛情をいっぱいに受け暮らしていたのだが、小学校に上がると壮絶ないじめが待っていた。そして不登校を決断する。そのときの経緯や母の考え、一緒に暮らす祖母の思い、出版に至った経緯なども語られている。命の光をみた本。

いじめられ、行きたし行けぬ、春の雨。。。。小林凛

ゴーヤ熟れ、風に新聞、読まれけり。。。。小林凛




画像は、2012.9.東京都、国立科学博物館付属自然教育園にて、
[PR]
by yuhu811 | 2013-09-12 16:13 | Comments(0)