たゆたふままに

「ただ生きようと花は咲く」    印南和磨

a0021110_16552536.jpg
春分の日とか秋分の日は子供のころから知っていたけれど、二十四もの節気と七十二もの候という呼び名の季節があるのを知ったのは大人になってかなり経ってからだ。その二十四節気に寄せて季節の花や草木、和歌や本の話、旅のことなどなど綴られていて面白い。二ページに一枚以上の写真が入っていて眺めるだけでも楽しい。この本は、食卓にいつもおいてあるのだけれど、手にすると優しい気持ちになれるのは何故だろう。。。。




画像は、2013.9.東京都調布市、神代植物公園植物多様性センターにて
[PR]
by yuhu811 | 2013-09-11 17:37