たゆたふままに

「そこまでの空」    安野光雅 × 俵万智

a0021110_14563616.jpg

1994年に出版された絵本和歌集といったらいいのだろうか。たまたま図書館で目に留まった。安野光雅さんの画が1ページ、俵万智さんの和歌が1ページというように、それぞれが呼応するように配されている。画と和歌が響きあい、いつかどこかで出会ったような情景へといざなわれる。1994年といえば20年も前のことだ。公衆電話や手紙が普通に暮らしの中にあったころ、俵万智さんの歌はこんなふうだった。河出書房新社出版の「そこまでの空」から2首だけご紹介させていただきます。。。

◆書けなくて さよならという気持ちだけ 便せん5枚にくるんで送る

◆使用済み テレホンカードの穴冴えて 思い出せない会話いくつか      俵万智

。。。その頃のことが鮮やかによみがえり、タイムトラベル、うん、いいなーって。。。




画像は、2013.5.さいたま市にて
[PR]
by yuhu811 | 2013-05-31 16:28 | Comments(4)
Commented by ふーこ at 2013-06-09 09:06 x
こんにちは♪

きゃ! この本も読んでみたいです!

和歌と写真! 興味あります。 図書館でリクエストします。

俵さんの和歌は女性目線ですから胸キュンになりますね。

先日の 鳥さんの本もリクエストしたら かなり待っている人が多かったですよ。

↓ 「天地明察」 は 読みました~♪ 面白かったですね。

映画のDVDも見たいな~と思っています。

そして先日はありがとうございました♪(^^)
Commented by ふーこ at 2013-06-09 09:08 x
あ! コゲラさんも良く撮れていますね♪

動きの速い子ですから撮るのも大変ですよね。
Commented by ふーこ at 2013-06-10 07:43 x
おはようございます♪
昨日市内の美術館に行ったので図書館に寄って借りてきました~。写真ではなく絵本でした。 
そう書かれていましたね。 m(__)m
最初のページでドキリでした~~。

素敵な本のご紹介ありがとうございました♪(^^)
Commented by yuhu811 at 2013-06-10 13:54
ふーこさん、コメントをたくさんありがとう~\(~o~)/

この本ね、以前お話しした本です。
もう手にされたんですね、ちょっと素敵でしょ!
そうそう、俵万智さんの歌は胸キュンですよねー^^
こんな季節も、あったなぁ・・・・って、懐かしく楽しみました。
安野さんのイラストも、意外なものが多く、ドキリで興味深かったのでした。

天地明察も読まれたのですね!
そっかーDVDを借りてくればいいんですね。私もそのうちに・・・

コゲラちゃん、木から木へ、コツコツついばみながら渡って行きました。
後ろの方から鳴きながら近づいてきてくれたので、なんとか撮れました。
しばらくモデルになってくれて、うれしかったよ~♪

そして、先日はこちらこそ本当にありがとうございました。
素晴らしい時間でしたし、そういう空間を作り出すことが出来るみなさまの力量に
しばらくして気づき、ふつふつとまた感動しております。
これからもがんばってくださいね~♪