たゆたふままに

「盲目の王将物語」    桜井哲夫

a0021110_15324471.jpg

久遠の花・盲目の王将物語・樹氷・汚された十字架、の4編からなる、桜井哲夫さんの自伝といっていい物語。久遠の花の中で、小学校を卒業する時に校長先生がはなむけとして送ってくれた言葉が紹介されている。それは。。。。北の空に光る北斗七星と北極星を美しいと思うだろう。北斗七星は人間の要なのだ。人間の五感と、心と、行い、それが北斗七星なのだ。心を磨き、行いを清め、努力することによって、あのすばらしい北極星になるのだ。迷うことがあったら夜、空を見上げてごらん。。。。というもの。盲目になっても、きっと空にある北斗七星と北極星が見えていたのだと思う。



画像は、2012.11.11.新潟にて
[PR]
by yuhu811 | 2013-01-23 15:47